スポンサーリンク

飛行機内でおすすめのボトムス・ストレスフリーなメンズパンツ2選

旅行グッズ
pixabay
スポンサーリンク

旅行で大きな割合を占めるのは『移動』ですよね。

その移動手段が飛行機の場合、非日常の空間であるためなるべくリラックスして過ごしたいものです。

国内旅行などで1時間程度の移動ならあまり気にはなりませんが、2時間を超える、特に海外旅行の場合は、よりそうありたいと感じます。

そこで今回は私が旅行で実際に使用してよかったメンズパンツを2点紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

1点目はこちら

ユニクロの『ドライストレッチスウェットパンツ』です。

ユニクロより参照

こちらのパンツの特徴はズバリ『全てが適度』であるという事です。

どういう事かというと、私のイメージの中にあるスウェットパンツって、なんかお父さんの休日的というか、パジャマ的というかそういうぶっちゃけ外出にはあんまり適さないものだと思っていましたが、こちらは違いました。

素材も安っぽくなくしっかりしており、膝の部分が少し厚めになって名前の通りストレッチが効いています。肌触りも適度で暑苦しくないです。

これを使用してから機内で過ごす事がものすごく楽になりました。何色かカラーバリエーションがありますが、断然『グレー』をおすすめします。

『グレー』が一番トップスを合わせやすいからです。

この『ドライストレッチスウェットパンツ』なら海外の現地に着いてもアクティブに動けます。

チェックイン前に着いてホテルに荷物を預けてもそのまま移動できますし、またベッドで横になる際にも楽ですのでとてもおすすめです。

モンスーン
monsoon travel

私の場合、近場の海外などで弾丸旅行の際はこれ一本で過ごす時もあります。

ただ現在、ユニクロのオンラインを見ると在庫薄となっていますが、2020年1月初旬に新バージョンが出るようですので楽しみです。

今までこのユニクロの『ドライストレッチスウェットパンツ』が機内最強説をとなえてきましたが、ここへきて新たなライバルが登場してきました。

2点目はこちら

それがこちら下着メーカーのGUNZEが出している『tuche homme メンズ レギンスパンツ テーパードタイプ レーヨン混』です。

こちら『楽っ』で書いているだけあってほんと超楽です。しゃがんだ時も膝のつっぱりも全くありません。そしてこの価格2500円+税

GUNZE store(グンゼストア)

まず履いていて圧迫感が皆無。そしてまさかレギンスとはわからない感じになっていますので、カジノやレストランなどそこそこフォーマルな所でも大丈夫です。

1つ目のユニクロの『ドライストレッチスウェットパンツ』は寒い場所では重宝していて多少暑いところでも大丈夫でした。ただ灼熱の場所ではやはり少し暑く感じる時もありましたがこちらは大丈夫。

逆に寒い場所では中にインナーをもう一枚着ればOKなオールラウンドプレイヤーです。

こちらはベルトループがなくひもで留める『テーパードタイプ』ですがベルトループありのタイプもありました。

そちらは2800円+税。よりフォーマル感を出したい時はそちらの方がいいかもです。

とてもレギンスパンツだとは誰も気が付かないレベルです。

今回は旅行用ですので『テーパードタイプ』がおすすめです。こちらもカラーバリエーションがあり、

下の写真は紺色ですが、断然『黒』をおすすめします。なんにでも合わせられますよ。

GUNZE公式HPより参照

モンスーン
monsoon travel

海外旅行の日程に余裕があれば両方持っていきたいところですが、弾丸旅行などでは現地の気温に合わせてどちらかでも1枚持っていけばなにかと安心ですのでおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました