スポンサーリンク

改悪 ブリティッシュエアウェイズのJAL国内線特典航空券の必要aviosが変更 5/30より

航空会社
pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク

改悪されたブリティッシュエアウェイズのJAL国内線特典航空券発券の必要avios(マイル)数

ブリティッシュエアウェイズ(以下BA)でJAL国内線特典航空券の発券の必要avios数が日本時間2019年5月30日午前8:00発券分より変更されました。
モンスーン
monsoon travel

怖れていたことが起こりましたな



先月あたりより変更があるのは知られていましたが4%アップになるのではないかと楽観視された情報など不確かでしたが、結果は最も短距離の650マイル以下の必要aviosが4500aviosから6000aviosに約33%アップになりました。

そもそもaviosとはBAのマイレージプログラムのことで、avios=マイルと考えていいです。

JALとBAは同じワンワールドというアライアンスグループに属していて、BAのaviosを使ってJALの特典航空券を発券する事が可能です。とくに国内線がお得でBAからJAL国内線特典航空券を発券するとJALより少ないavios=マイル数で発券できていました。

通常JALのマイルでJAL国内線特典航空券(例 東京-札幌間)をJALより発券すると通常期間で片道6000マイル必要です。

一方BAの必要avios数は距離で決まり、最も近距離の650マイル以内なら片道4500aviosでできました。(2019年5月29日まで)

例えば東京発なら北は札幌、南は鹿児島まで。大阪発なら北は函館、南は奄美大島まで片道4500aviosで発券できていました。さらにBA発券の利点として、本人や家族以外の誰でも発券可能なところもあります。。

それが2019年5月30日より6000avios必要になりました。約33%アップです。

 

ちなみにBAのaviosの他の大きな利点として貯める場合、飛行機に搭乗するだけでなくavios自体を購入することができます(バイマイル=buy mile)

仮に1aviosを1.5円で購入できた場合は5/29以前は4500×1.5=6750円(諸経費を含まず)で発券できていたものが、5/30以降は6000×1.5=9000円(諸経費を含まず)かかることになります。

JALのHPより購入したい航空券が例えば片道20000円くらいするならBA発券はそれでもとてもお得ですが。

併せて他の区間も必要avios数が変更されています。すべてエコノミークラスの場合。

距離 マイル必要aviosの変化
1-6504500→6000
651-11507500→9000
1151-200010000→11000
2001-300012500→13000
モンスーン
monsoon travel

こうして見ると、短距離になるほど必要avios数のアップ率が高いですな。こういう航空会社の特典航空券がらみのものは常に改悪との闘いですが、毎回ドキッとさせられます。

 

またBAのaviosは購入できると述べましたが、その最も安く購入できていたイベリアのグルーポンの購入価格がきな臭くなってきていますのでまた述べていきたいたいと思っています。

 



タイトルとURLをコピーしました