スポンサーリンク

世界一高いコーヒー・コピルアクを世界一安く飲む方法

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一高いコーヒー・コピルアク

そもそもコピルアクの「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名で、つまりコピ・ルアク(インドネシア語:KOPI LUWAK)とは、ジャコウネコがコーヒーの木の果実(コーヒーチェリー)を食べ、その糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。もちろんそのまま飲むのではなく丁寧に洗浄したのちに乾燥・焙煎されます。

邦画『かもめ食堂』のワンシーンや、ジャックニコルソンとモーガンフリーマンが出演した『The Bucket List(最高の人生の見つけ方)』という映画にも出てくるコーヒーが、このコピ・ルアクです。


《幻のコーヒー》コピ・ルアック コピルアク 50g 豆 ジャコウネコ テレビで話題 メール便送料無料 代引き不可

世界で最も高価なコーヒーとして知られており日本で飲むなら高いです。以前は日本では一杯5000円を超える程でしたが最近は2000円前後で飲める店も増えてきましたがそれでもまあ高いです。

それに最近値段が下がってきているのは大量生産品で鮮度や品質が低いものもあるそうです。

 

本場ジャカルタなら本物のコピルアクが1000円以下で飲めます。

以前書いたボロブドゥール遺跡に行く前に飲んできました。

 

場所はジャカルタの中心タムリン通りにある高級ショッピングモール、グランドインドネシアの地下1階にあります。

モンスーン
monsoon travel

お店の名前もそのままKOPI LUWAK(コピルアク)わかりやすい。

店内はゆったりとした高級喫茶店という感じです。さっそく注文してみましょう。

注文すると店員さんが認定書付きで封がされた袋に入ったコーヒー粉を持ってきてくれ、その場で金色のハサミで切り淹れてくれます。このジャコウネコ君が乗ったコーヒーカップちょっと欲しくなりました。

ふたを開けるとこんな感じ

そして注目のお味は・・・

モンスーン
monsoon travel

まあ一言でいうと飲んだことのない味です。あくまで私見ですが。苦みや酸味は少なく香りは甘く芳醇です。

会計はこんな感じ。

本体がRp.89,000

サービス料+税で合計Rp,102,800 (約800円)

モンスーン
monsoon travel

話のタネに一杯いかがですか?

 


《幻のコーヒー》コピ・ルアック コピルアク 50g 豆 ジャコウネコ テレビで話題 メール便送料無料 代引き不可

タイトルとURLをコピーしました