スポンサーリンク

LCCの無料機内持ち込みサイズ最強リュック【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】

旅行グッズ
スポンサーリンク
monsoon travel
monsoon travel

こんにちはmosoon travelです。今回はLCCの無料の重量制限内に収まる人気のリュックサック【キャビンゼロ CABIN ZERO】を一年ほど使いましたのでその感想を述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

【キャビンゼロ CABIN ZERO】とは?

【キャビンゼロ CABIN ZERO】はイギリス発祥のリュックブランドで飛行機の機内持ち込みサイズに収まり、なおかつとても軽いのでLCCの無料重量制限内に収まりやすい大変便利なリュックサックになっています。

サイズは44Lサイズを選びましょう。

【キャビンゼロ CABIN ZERO】は様々なサイズが展開されていますが最強のサイズが【44Lサイズ】です。

なぜなら機内持ち込みサイズで最大なので私もこのサイズを使っています。カラー展開も豊富なのでお好みのカラーを選んでください。

私はオーソドックスなネイビーを使っています。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】の特徴① 2way仕様で大変便利

【キャビンゼロ CABIN ZERO】の特徴としてまずは2way仕様できるところです。

よくあるリュックサックのように両肩で背負う事もできますし、

通勤カバンのように横向きにして手に持つこともできます。

チャックもどちら向きでも無理なく開閉できるようになっています。

出典 cabin zero公式HPより

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】の特徴② とにかく軽い

44Lのサイズは51 x 37 x 20 cmとなっていて重量は760gとなっています。

LCCなどで無料で機内に持ち込みできる重量が7kgで、一般的なキャリーケースだと空の状態でも最低2~3kgはするので、実質4kgほどしか荷物を収納することができませんが、この【キャビンゼロ CABIN ZERO】ならほぼ6kgも収納することができます。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】の特徴③ 短期旅行に便利

もしLCCを利用して1〜3泊くらいの小旅行に行くならこの【キャビンゼロ CABIN ZERO】が最強です。とにかく軽くて大きいのでその分着替えなどの荷物をどんどん詰め込めます。

旅行前に重量を計って7kg以下にしておきましょう。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】の特徴④ セキュリティーも安心

【キャビンゼロ CABIN ZERO】のチャックは閉めると合わせ目の中央に鍵をつけることができるので

ロックすると開閉不可となりセキュリティー面でも安心です。筆者はその部分にTSAロックをし、ドミトリーなどに宿泊するする場合はさらに

ワイヤーロックで移動できない家具に繋いでおきます。

さらにこの【キャビンゼロ CABIN ZERO】には【落し物発見連絡システム「OKOBAN」】のIDタグがついていて予め登録しておくと、IDから紛失しても手元に戻ってくる確率を高めてくれます。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】の特徴⑤ 値段も手頃

1万円以下で販売されていますのでまずまず手頃だと思います。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】のデメリット

デメリットはあまりないですが、強いて言えば軽さを優先したゆえに構造がシンプルなのでポケットが少ない事でしょうか?

特に外ポケットが大きいので小物は散らばりやすく入れにくいです。

私は財布などは小さなボディバックに入れて前側にたすき掛けして持っています。

内部の構造もシンプルですので小物類はまとめてから入れると中で散乱しません。シンプルですがノートパソコンなどを収納しやすい中敷きが入っています。

44Lが最強だとは思いますが女性だと少し大きく感じると思いますのでその場合は小さなサイズの36Lなどを選択するといいと思います。

【キャビンゼロ CABIN ZERO 44L】のまとめ

1年以上使っていますがとても便利に使えていますし、LCC旅行でで特に威力を発揮しています。

モンスーン
monsoon travel

今のところ【キャビンゼロ CABIN ZERO】以上のLCC無料機内持ち込みサイズのリュックにまだ出会えていないので使い続けるつもりです。

タイトルとURLをコピーしました