スポンサーリンク

ホーチミン・タンソンニャット空港近くのホテルはイビスサイゴンエアポートがおすすめ

ベトナム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イビスサイゴンエアポートホテルのメリット

 

ホテルホームページより

 

無料の送迎シャトルバスがある

ホーチミン・タンソンニャット空港に深夜に着く便や、翌日にベトナム国内線に乗る際に空港近くに便利なホテルがイビスサイゴンエアポートホテルです。

1泊2名食事なしで6000円ほどでした。

各国にメルキュールやラッフルズなどのブランドを持つアコーホテルズグループでその点でも安心です。

場所はホーチミン・タンソンニャット空港から無料シャトルバスで5分ほどの位置にあります。

ベトナムはまだまだタクシーのぼったくりが多いですが、このホテルなら無料のシャトルバスを運行しているのでそんな心配も無用です。

モンスーン
monsoon travel

念のためホテルを予約したら宿泊日の数日前にホテルに無料シャトルバスの手配メールを出しておきましょう。

内容は以下のような簡単な英語で大丈夫です。

I would like to make a reservation your airport transfer service.
 I am(自分の名前)
Arrival date:(到着日)
Arrival time:(到着時間)
Fligt number:(便名)
Would you tell me where is the pick up point?
Best regards,

 

 

すると以下のような案内メールが画像添付PDFですぐに届くはずです。

IBSA Pick-up point – 2018

イビスサイゴンエアポートホテルより引用

 

英語で届くので翻訳すると大体こんなかんじです。(国際線ターミナルの場合)

空港の到着ターミナルを出たら、8番の柱の所にイビスのロゴが入ったボードを持ったスタッフがいるから声をかけてくれよな。ただしセキュリティー上の問題からあなたの名前入りボードは持ってないよ。もしスタッフがいなかったら12番の柱の所にイビスの窓口があるから聞いてくれよな。

当日、空港を出ると案内通りスタッフがボードをもって立っていたので声をかけ、名前を伝えると

ここで待つように言われ、シャトルバスの許容人数が集まればすぐに出発してくれます。

待ち時間は3分もかからず、ホテルまでも5分くらいでとてもスムーズです。

ホテルに着いてチェックインする際、翌日に空港に行く場合のピックアップタイムを聞かれます。

私たちは翌日はホーチミン市内に行く予定でしたので断りました。

ロビーは広々としていて、一階にはスターバックスが入っています。ほかにも最上階にはルーフトップバー、ジムとプールもあります。

ロビー

私たちはシングルベットが2つ入った部屋を予約しました。室内はそれほど広くないですがデザイン的で、コンパクトにまとまっています。コンセントの位置も枕元にあり便利でした。
バスルームはシャワーのみでした。

ホテルの隣がパークソンデパートでフードコートもある

ホテルの朝食をつけると1人あたり1500円ほどしますが、1階にはスターバックスもありますし、ホテルに向かって右隣にはパークソンデパートがあり、最上階はフードコートが入っています。ただ営業時間は9:30からなので早朝出発の方は注意してください。

gong cha

モンスーン
monsoon travel

1階には日本でも人気の台湾ティー専門店Gong cha(ゴンチャ)も入っていました。

モンスーン
monsoon travel

日本では行列ができていますが、ここでは全く並ばずにOKでした。甘さや氷の量も選べて53000ドン(約250円)くらいで安くて美味かったです。

最上階のフードコートはベトナム料理やタイ料理、ロッテリアなどお店が10軒ほど入っていて眺めもよいです。食べ物で250円くらいから、飲み物で150円くらいからと非常にリーズナブルです。

フードコート

ホテルから空港へは前述の通り、無料のシャトルバスがチェックイン時に手配できますが私たちはホーチミン市内に向かうためGrabを呼びました。
grabの使い方はこちら

 

ロビーが広いため待っている間もゆっくりでき、車をホテルの玄関前につけてもらいました。
モンスーン
monsoon travel

今回はじめて宿泊しましたが、空港からの距離、無料送迎、周辺環境、部屋と料金、スタッフサービス、どれをとってもよかったのでまた利用しようと思っています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました