スポンサーリンク

香港旅行の必須アイテム オクトパスカードはKKdayで事前購入がおすすめ

香港マカオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オクトパスカードとは

 

オクトパスカード(Octopus 八逹通)とは

香港(マカオのごく一部も)で使えるチャージ式の電子マネーです。日本でいうとSUICAやICOCAですが、もっと使える範囲が広く、香港での旅行や生活になくてはならないものです。昨年開通した港珠澳大橋のチケットも買えます。

オクトパスカードを使うメリットとしてはスムーズに各種交通機関やお店での支払いが可能なうえに交通費が通常の現金購入より少し割引されます。

価格は旅行者が使う最も基本的なものでAdult – 大人カード:HK$150。

ただしその内、HK$50はデポジット(保証金)なので実質使える額はHK$100になります。

ほかにもエアポートエクスプレスの切符とセットになったカードなど他にも種類はありますがここでは省きます。

 

オクトパスカードの購入方法・購入場所

1 香港国際空港のエアポートエクスプレス (Airport Express 機場快綫)の窓口

2 ネットからの事前購入(受け取りは香港国際空港)

3 各地下鉄(MTR)のカスタマーサービスセンター(客務中心)窓口

旅行者の基本は1の空港に到着してからの購入ですが、エアポートエクスプレス の窓口が結構混む場合があるという事と、デポジットがHK$50あり帰国の際に払い戻しが面倒という事(さらに発行から3ヶ月以内に払い戻しの手続きをする場合はHK$9の手数料がかかる)で今回は2のネットからの事前購入しました。ネットからの事前購入のメリットはデポジットがない分無駄なく使えるという事と、カード自体を持って帰れて次回香港に来た時にはまた使えるという事です。

オクトパスカードの事前購入

 

現在KKdayとKlookという2つのサイトより事前購入できます。

そのうちKKdayはオンライン購入サイトが日本語に対応しています。

KKday オクトパスカード



私もKKDAYで事前購入しました。(Klookも2019年4月15日より日本語に対応しました)

モンスーン
monsoon travel

なぜKKdayの方を選んだかというと旅行の3日前に購入しようとしたところ、Klookの方はすでに売り切れていたからです。

KKdayのオクトパスカードの価格はその日の為替レートにもよりますがKKdayは10HK$チャージ済で800円弱。

私の購入時は750円くらいでした。

一方Klookは50HK$チャージ済で1250円弱です。

以下KKdayでの購入方法を述べていきますがKlookでの購入方法も大体同じです。

KKdayでの事前購入方法

1 ログイン画面になるのでユーザ登録をしていない場合は、会員登録のリンクをクリックすると会員登録に進むことができます。メードアドレスとパスワードを登録し、ログインします。

2 出発日と注文する枚数を選択します。

3 各種クレジットカードで決済し送られてくるバウチャーをプリントアウトして持っていく

4 空港到着時にエアポートエクスプレス乗り場近くにあるKKdayの窓口(A14番)でバウチャーを      見せてカードを受け取る

 

KKdayの窓口(A14番)の営業時間は 08:30~23:59ですので、ご注意ください。

オクトパスカードのチャージ方法

オクトパスカードのチャージ残高がなくなったら各MTR駅のチャージ機(増値機/Add Value Machine)やコンビニなどでチャージすれば繰り返し利用できます

各MTR駅にオクトパスのチャージ機が備え付けられていますので、オクトパスカードを差し込み、所定の額を(HK$50の倍数)を入金すればチャージ完了。各MTR駅のカスタマーセンター(客務中心)の窓口でもチャージ可能です。

モンスーン
monsoon travel

KKDAYのオクトパスカードは10HK$しかチャージされていないから不安と思った方、安心してください。カードを受け取った窓口のすぐ目の前にチャージ機(増値機/Add Value Machine)が備え付けられていますのですぐに追加チャージできます。

 

タイトルとURLをコピーしました