スポンサーリンク

ジャカルタの空港鉄道・MRT(地下鉄)の両方の駅に激近くて便利なホテル【オールシーズンズジャカルタタムリン】

インドネシア
スポンサーリンク
モンスーン
monsoon travel

こんにちは、弾丸系トラベラーのmonsoon travelです。今回は一人旅でインドネシアのジャカルタに行ってきました。

宿泊した【オールシーズンズジャカルタホテル】が空港鉄道からも地下鉄(MRT)からもどちらも激近で超絶便利なところにあったのでご紹介します。

スポンサーリンク

ホテル【オールシーズンズジャカルタタムリン】

こちらのホテルは正式名称【 all seasons jakarta thamrin】(オールシーズンズジャカルタタムリン)でフランスに

本拠を置くアコーホテルズ(現在は名称が変わりALL – Accor Live Limitless)ブランドのホテルとなっています。

世界各地に【Ibis】や【メルキュール】などサブブランドのホテルを持つアコーホテルズグループなのでその点でも安心して宿泊できました。

場所はジャカルタ市内の【モナス】の南側でジャカルタのほぼ中心部に位置し空港鉄道【BNIシティ駅(スディルマンバル)】、地下鉄(MRT)【Dukuh Atas BNI(ドゥクアタス)】駅の両方の駅からすぐ近くにあり超絶便利でした。

近くには他に【グランドインドネシア】などの大型ショッピングセンターがあります。

公式ホームページかからも予約できますが【agoda】などの宿泊サイトよりも予約が可能です。

スカルノハッタ空港から空港鉄道一本で到着

こちらのホテルの最大のメリットはインドネシアの空の玄関口スカルノハッタ空港から【空港鉄道】一本で到着するところです!さらにその駅近。

スカルノハッタ空港からジャカルタ市内までは他にバス・タクシーなど他の交通手段もありますが、いかんせん時間が読めません。ジャカルタは世界有数の渋滞地帯なので今回時間が一番読める【空港鉄道】で実験も兼ねて移動しました。



スカルノハッタ空港から空港鉄道の乗り方

スカルノハッタ空港に到着したら到着したターミナルから【スカイトレイン】に乗って【空港鉄道駅】に向かいましょう。スカルノハッタ空港のターミナルは1~3までありますがどのターミナルからも行けます。

空港鉄道に到着したら券売機で【BNIシティ駅(スディルマンバル)】までの切符を購入します。

なお支払いはクレジットカードのみですが近くにスタッフもいるので購入を手伝ってくれます。直近発車時刻の5分前まで購入可能。

料金は【BNIシティ駅(スディルマンバル)】までは70000Rp(約550円)です。

列車は30分に1本なので直前に出てしまったあとは待ちますが、それでも渋滞時間帯のタクシーよりは時間が読める分メリットがあります。所要時間は約45分。車内は自由席で大きな荷物置き場、USBの充電ポートも足元にありました。

順番は【空港到着】→【スカイトレイン】→【空港鉄道】→【BNIシティ駅(スディルマンバル)】となっていきます。

それぞれの乗り方など詳しくは次回に地下鉄(MRT)の乗り方と合わせて記事にまとめる予定です。

 

空港鉄道・MRT(地下鉄)の両方の駅から激近で超絶便利

 

【BNIシティ駅(スディルマンバル)】に到着したら地上階に降りましょう。駅の外に出て【MRT】方向にまっすぐ進めばすぐに左手にホテルが見えてきます。駅を出てから5分くらいだったと思いますので夜でも電灯があり大丈夫です。

さらにホテルの目の前には地下鉄(MRT)【Dukuh Atas BNI(ドゥクアタス)】駅があり地理的には超絶便利なホテルになっています。

MRT(地下鉄)を使えばジャカルタ市内も楽々移動

ホテルの目の前には地下鉄(MRT)【Dukuh Atas BNI(ドゥクアタス)】駅があるのでジャカルタ市内を南北に走る地下鉄(MRT)で渋滞のストレスなく楽に移動できます。有名なショッピングモール【グランドインドネシア】は1駅で移動できます。

ロビーと客室

ホテルのフロントはこじんまりしていますが、ロビーが割と広くとられているのでタクシーや【Grab】などを待つ際にもソファーやイスがたくさんありのんびりと待てます。

フロントのスタッフもフレンドリーでテキパキとこなしてくれます。クレジットカードでデポジットは必要です。チェックアウト時に問題なければ課金はされません。フリーWifiのパスワードもフロントでもらえます。

今回アサインされたのは朝食付きのダブルルームでした。

部屋の広さは一人旅には十分の広さ、キャリーケースを広げられる台もあるので重宝しました。トイレとシャワールームは別。バスタブはありません。ウエルカムドリンク的に小さなお菓子とフルーツが置かれていました。こういう気配りうれしいですね。

ダブルルーム

デメリット

必要十分な部屋で満足しましたがデメリットが2点ほど。

  • シャワールームにはボディソープ・シャンプー・コンディショナーが全て入ったものしかないこと。

体も頭も同じなのでさすがに髪がギシギシしました。シャンプーは持っていくことをおすすめします。

  • 洗面台が部屋の中にあること。洗面台が洗面所にあるのではなく部屋の中にあったのでやや使いにくかったです。

屋上のレストランがとてもおすすめ

 

屋上レストラン

こちらのホテルは屋上にレストランがあるので朝食もこちらで取れます。屋上なので景色がとてもよく

天気がいい日は外のテーブルやカウンターでもおすすめです。

夕食もとても美味しく、おすすめメニューは【ジャワ ミーゴレン】は盛り盛りで50000Rp(約400円)、【ポテトフライ】も29000Rp(約240円)とホテルのレストランとは思えない値段で食べられます。ただビールなどアルコール類だけイスラム教なのかビンタンビール70000Rp(約550円)と料理より高く設定されています。

スタッフもとても人懐っこく談笑しながら楽しく食事ができました。外のカウンターで景色を見ながらの

バー使いもおすすめです。

まとめ

こちらのホテル【オールシーズンズジャカルタタムリン】は交通の便で言えば申し分ありません。

今回コンビニが近くに見当たりませんでしたが、MRTの構内にミニコンビニがあるので遅い時間でなければ大丈夫です。

モンスーン
monsoon travel

ホテルもこじんまりしていますが一人旅には充分でした。屋上のレストランも安くておすすめなのでぜひ朝食付きや夕食、バーを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました