スポンサーリンク

成田空港・空き時間のおすすめは成田山新勝寺と成田ビューホテルの温泉コース

旅行技
pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク

成田空港で半日ほど時間が空いたら

成田空港に朝10時前に到着し、フライトが午後の18時過ぎだったのでかなりの空き時間ができました。

私が実践した成田空港の空き時間おすすめコースを紹介したいと思います。

また半日ほどの空き時間が無い方へのショートコースも後述します。

おすすめコース

成田空港~成田山新勝寺~成田ビューホテル温泉~成田空港というルートです。

まず大きな荷物は預けておきましよう。JAL・ANAの場合、国際線でのチェックインはカウンターの営業開始時間から可能ですので大きな荷物は預けてチェックインし搭乗券ももらっておきましょう。これで慌てないで外出先から戻ってこられます。

JAL・ANA以外の海外の航空会社を利用する場合は航空会社によって違いますがおおむね3時間くらい前からですのでロッカーなどに預けておきましょう。

身軽になったらスタートです。まず空港駅に移動しましょう。成田山新勝寺に向かうのですが最寄り駅の成田駅へはJRと京成電鉄があります。

JRの方が運賃は少し安いですがJR成田駅に停まる列車の本数が1時間に1~2本くらいしかなので注意しましょう。

あと間違って特急に乗らないように。事前に京成とJRの時刻表を入手しておいて近い時間の方に乗ればよいと思います。10分くらいで京成成田駅かJR成田駅に着きます。京成成田駅とJR成田駅の距離は徒歩3分ほどです。

そこから成田山新勝寺までは20分ほど参道をのんびり歩いて行きましょう。この後駅に戻ってきてホテルの無料バスで成田ビューホテルに向かうのですが、本数は1時間に1本ほどなのでそれを計算して周辺散策するのをおすすめします。

成田山新勝寺

参道はウナギが名物らしくウナギ屋さんがたくさんあっておすすめです。

広い成田山新勝寺の境内を散策したら、またのんびりとJR成田駅まで参道を戻りましょう。お土産屋さんもたくさんあって飽きません。

JR成田駅まで戻ってきたら駅前のロータリーから成田ビューホテル行きの無料ホテルバスに乗りましょう。

ホテル行きの無料ホテルバスはJR成田駅からのみです。京成成田駅には停車しませんのでご注意ください。

30分ほどでホテルに到着します。またこの際に帰りの空港行きの無料ホテルバスの時刻表をチェックしておき温泉に入る時間配分をしておきましょう。バスの本数はおおむね1時間に1本程度です。

ホテル公式サイトより無料ホテルバス時刻表

成田ビューホテル公式 | アクセス
成田ビューホテル「アクセス」ページ。成田ビューホテルでは、東京都シティホテルの宿泊予約や、レストラン・カフェ/バーラウンジ、ウェディング、温泉、宴会場、貸し会議室など、様々なサービスをご用意。

温泉はホテルロビーより下の階にあり、すこしややこしいのでフロントで場所を聞き行きましょう。

ホテルロビー

温泉の営業時間と入浴料 成田ビューホテル 成田温泉「美湯」
営業時間 12:00~24:00(最終受付23:30)、
入浴料 大人¥1,500(入湯税込)、4歳~小学生¥750

タオルは温泉の入り口で販売されていました。私たちが訪れた時は雨が降っていて足元が濡れたのですが、靴下も販売されていてとても助かりました。たしか100円だったと思います。

出典 成田ビューホテル

通常の入浴料は 大人¥1,500(入湯税込)ですが ASOVIEW(アソビュー)というサイトで大人は47%割引の¥800円で購入できるので(小学生以下の割引はなし)ぜひ事前に購入しておくことをおすすめします。(2019年6月現在)



露天風呂などを堪能したら休憩室やマッサージチェアでのんびりしましょう。

休憩室

フライトの時間が近づいてきたらそろそろ成田空港に戻りましょう。

ホテルの玄関から無料ホテルバスが出ています。ホテル→第2ターミナル→第1ターミナルの順に停車して

所要時間は30分ほどです。

空港行きホテルバス

そこまで時間はないショートコース

今回、半日も空港で時間が余ったので半日コースを紹介しましたが、空港から直接成田ビューホテルへ行く無料ホテルバスも出ているので成田山新勝寺に行く時間が無い方にはこちらのコースもおすすめです。

また成田ビューホテルからJR成田駅行きのバスもでているので温泉を先にしてから成田駅に向かうか空港に帰るかも選択できます。

まとめ

モンスーン
monsoon travel

鉄道や無料のホテルバスは本数が限られていますので事前に時刻表をチェックしておいてなるべく無駄のないように空港の空き時間を楽しんでくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました