スポンサーリンク

国内旅行先でのレンタカー利用時のお得な予約方法と利用のコツを徹底紹介

国内旅行
pixabay
スポンサーリンク

 

モンスーン
monsoon travel

旅先での便利な足として使えるレンタカーは予約や利用時のコツでさらに快適になります。

今回はそんなお得な旅行先でのレンタカー利用方法をご紹介します。

スポンサーリンク

レンタルするなら既存レンタカーか?格安中古レンタカーか?

最近では大手の既存レンタカーだけでなく中古の車を利用した【格安中古レンタカー】も増えてきました。

ただし格安中古レンタカーは車の程度が不明で極端に燃費が悪い車に当たる場合もあります。

そうなるとレンタカー料金が安くても返却時のガソリン代が高くつくのでおすすめしません。

最近の新車の燃費は格段によいので短時間や荷物の短距離の移動などを除き既存の大手レンタカー会社をおすすめます。

旅行先の土地柄でレンタカーの車種を選びましょう

まずカップルや夫婦など2人以下でで旅行する場合は【軽自動車】が基本です。

なぜなら慣れない土地は小回りが利く軽自動車が役立ちますし、狭い地元の道路もへっちゃらです。

しかし旅行先でのレンタカーでの移動時

  1. 移動距離が長い
  2. ほとんどが高速道路移動
  3. 狭い市街地にはほとんど行かない

の条件が揃ったら【コンパクトカー】以上の排気量の車種をレンタルする方がいいです。

この条件下では【軽自動車】だとやはりパワー不足なので運転が疲れてしまいます。

特に広くて移動距離も長い【北海道】などは【軽自動車】を選ぶときついので【コンパクトカー】以上の排気量の車種のレンタルをおすすめします。
また乗車人数にプラス2座席以上の車種をレンタルすると荷物やお土産が多くとも安心です。そういう意味でもカップルや夫婦では軽自動車で充分です。

空港や駅で借りる場合はレンタカー会社までの距離も重要

特に空港からレンタルする場合、空港からレンタカー会社への距離は重要です。

無料の送迎が基本的についていますがレンタカー会社との距離が遠いと手続きなど時間ロスが生まれますし、

帰りの飛行機の時間も調節しないといけません。

沖縄の那覇空港などリゾート地の空港は特に重要です。

予約サイトで同料金のレンタカー会社が出た場合はより駅や空港に近いレンタカー会社を選びましょう。

レンタカーのオプション補償は2種類

レンタカーの予約時に頭を悩ますのがオプションの補償です(保険と同じようなものですが厳密には保険ではありません。)

オプションの補償は2種類あります。

すごく簡単に言うと

  1. 【CDW】事故時には2万円(移動可能)か5万円(移動不可能)を支払うとその他は免除される補償
  2. 事故時に上記の支払い【ノンオペレーションチャージNOC)】も免除される補償

私はよっぽど慣れている旅行先以外では両方のオプションを追加します。

旅行先での楽しい思い出が台無しにならないようにオプションの補償は2つともつけることをおすすめします。

なお上記の2種類の保険は24時間ごとに料金がかかります。

レンタカーのオプションの補償料金を安くする方法

上記の2種類の補償はそれぞれ税別約1000円のレンタカー会社が多いです。

24時間ごとにかかりますので、例えば24時間レンタルの場合は両方のオプションを付けると約2000円かかり、

24時間~48時間レンタルだと約4000円かかります。

ただ①のオプション保険料はどのレンタカー会社でも約1000円ですが、

②のオプション補償料金は約半額の税別500円ほどに設定しているレンタカー会社があります。

それが【ニッポンレンタカー】・【日産レンタカー】・・【オリックスレンタカー】です。

この順番通り【ニッポンレンタカー】が最安です

ですのでネット予約時にレンタカー料金がどのレンタカー会社も同じだった場合、上記3社を選ぶとオプション補償料の分がお得になります。

 

国内レンタカーの予約は【楽天トラベルレンタカー】か【じゃらんレンタカー】からがお得

旅行先でのレンタカーは個別に各レンタカー会社のHPから予約するよりも一括の比較サイトから予約する方がお得です。

特に【楽天トラベルレンタカー】と【じゃらんレンタカー】がおすすめです。

上記2社のレンタカー比較予約サイトのメリットはたくさんありますが

  1. 各レンタカー会社の料金比較が車種別・店舗別に可能
  2. 頻繁に【割引クーポン】を発行している
  3. 予約時に支払いする必要もなく現地で決済可能

などが挙げられます。

私もだいたい上記の2つのサイトから予約することがほとんどです。

【楽天トラベルレンタカー】予約時のコツ

頻繁に【割引クーポン】が発行されているので先にゲットしておきましょう。

【楽天トラベルレンタカー】は検索画面のオプションで【免責補償】を最初からつけたプランを検索できますので個別にあとからオプションをつけるより安くできる場合が多いので検索時には【免責補償】にチェックして検索しましょう。

【ノンオペレーションチャージ NOC】も無料になるオプションは予約時にできなくても現地でつける事が可能です。

国内レンタカーの予約と利用時のコツのまとめ

  1. 目的地の土地柄に合わせて車種を選ぶ(2人の場合は基本的に軽自動車)
  2. 空港や駅から近いレンタカー会社を選ぶ
  3. 中古レンタカーは燃費が悪い場合が多いので短時間・短距離の場合を除き選ばない
  4. 2種類の保険補償の追加オプションは極力両方つける
  5. レンタカー料金が同料金なら、【ノンオペレーションチャージ NOC】無料のオプション補償料金が安いレンタカー会社(ニッポンレンタカー・日産レンタカー・オリックスレンタカー)を選ぶ

 

モンスーン
monsoon travel

いかがでしたでしょうか?

快適にそして安全に旅行するためにはレンタカーも最適解のレンタル方法で予約することが重要です。

 

タイトルとURLをコピーしました