スポンサーリンク

上海旅行02 2019年秋・上海2日目探訪と浦東空港のラウンジ

中国
スポンサーリンク

前回の上海旅行の続きです。

上海旅行01 2019年秋・上海の街並みと夜景・ナイトクルーズ
上海旅行01 2019年秋・上海の街並みと夜景・ナイトクルーズ 外灘、豫園の案内、上海蟹
スポンサーリンク

ブルース&ジャズバー

ド派手な上海のナイトクルーズを楽しんだ後はなかなかブルージーなバーに連れて行ってもらいました。

外灘近くにあるHouse of Blues & Jazz

中に入るとたくさんのお客さんで賑わっていて生バンドも聴けます。落ち着いて飲むというよりは音楽を聴きながら飲む感じですね。

中国に来たらやっぱりビールはこれ。青島ビールで乾杯!

モンスーン
monsoon travel

いい感じのほろ酔いで外に出ると近くにはおいしそうな屋台が出ているなと思ったらまさかの『臭豆腐』の屋台でした(笑)

台湾の夜市でおなじみのあの強烈な臭いを発する例のあれです。

上海でも見ることになるとは!夜市と同じ臭いに耐えながら一日目を終えました。

そんなこんなで初日を終えホテルまで送ってもらいます。

宿泊ホテルは後日レポートします。

2日目も妻と2人でもりもり朝食を食べて、ロビーで待っているとこの日も友人が迎えにくれました。

何から何まで助かります!

静安寺

最初に連れて行ってもらったのは『静安寺』という三国志時代の呉の孫権によって創建されたという歴史のあるお寺です。

静安寺

狛犬的な感じのものも日本のものよりイカツイです。

 

入場券も友人が『We chat pay』で支払いをしてくれました。中に入ると都会のど真ん中にあるとは思えないほどの広い敷地。

せっかくだから線香でもお供えしようとなったのですが、その購入方法はまさかの線香自販機。

レトロ自販機マニアの私としては要チェックの自販機でした。

レトロ自販機の記事はこちら

高知 レトロ自販機の聖地・『コインスナックプラザ高知』はトースト・ラーメンなど昭和遺産の宝庫
高知 レトロ自販機の聖地・『コインスナックプラザ高知』はトースト・ラーメンなど昭和遺産の宝庫

そして当然に支払いはお約束の『We chat pay』

しかし、ここでトラブル発生。なぜか友人の『We chat pay』では購入できず。

まあ、いいかと思っていると、友人はそのへんのおじさんをつかまえて代わりにおじさんに線香を買ってもらい、その代金をこれまた『We chat pay』でおじさんに送金していました。ナイスリカバリー。そしてすごいぞ『We chat pay』!

田子坊

『静安寺』の広い敷地を楽しんだ後は『田子坊』(ティェンヅファン)というところに連れて行ってもらいました。

『田子坊』はノスタルジックで下町的な雰囲気のあるとても親しみが沸く街でした。

道は狭いですがおしゃれな店がいっぱいあります。

いいかんじのコーヒー屋さんで休憩しつつ。

拌麺 (バンミェン)

田子坊を楽しんだ後は下町ということでランチも地元の食堂的なところに連れて行ってもらいました。

モンスーン
monsoon travel

やっぱりローカル食堂は旅にはずせませんからね。

食べたのはこちらの『拌麺 』(バンミェン)という汁なしのまぜ麺というかシンプルな油そばのようなもの。

拌麺

シンプルで素朴な味ですが大変おいしゅうございました。

お腹もいっぱいになり色々と上海を堪能させてもらいましが、そろそろ空港に行かなければならない時間となりました。

空港へ向かう車の中、妻は眠っていましたが、友人と異国の地で働く大変さなどを聞いて久しぶりにゆっくりと話ができてよかったです。

名残惜しいですが空港にて重ね重ね友人に礼を言ってお別れしました。友よまた会おう、しばしの別れ「再見!」

上海浦東空港 39ラウンジ

さて、帰りの便もJAL便なのでJGC会員はJAL指定のラウンジを使うことができます(同伴者も1名無料)

指定されたラウンジはこちらの『39ラウンジ』上海の浦東空港のラウンジはだいたい番号で示されています。

こちらのゲートの近くにあります。

こちらのラウンジは広くてとてもくつろげます。シャワーもあったので助かりました。

そして上海旅の締めくくりはやっぱり麺ということでこちらの『牛肉麺』をいただきました。

39ラウンジの牛肉麺

目の前でおばちゃんが作ってくれ好みに合わせてカスタマイズもしてくれます。

モンスーン
monsoon travel

ではでは1泊2日の駆け足の上海旅でしたが次回は宿泊したホテルのレポートをしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました