スポンサーリンク

東南アジアを旅行するならとりあえずGrabアプリを入れておこう

grab旅行技
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東南アジアを旅行するならとりあえずGrabアプリを入れておこう

Grab

grab公式サイトより

東南アジアではGrab(グラブ)が強い

アジアに限らずその国に初めて旅行する場合、不安になるのはその国での移動手段です。

公共のバスや電車も有効ですが、停まる場所が決まっているため目的地への融通がききにくいです。そこで目的地への移動手段はタクシーが主になってくると思います。

このタクシー、日本ならまあ安心ですが世界ではその安心が通用しません。メーターを回さない、遠回りをするなどもまれではありません。

そうなるとせっかくの旅行気分が台無しになってしまいますが、そのリスクを最大限減らしてくれるのが配車サービスのGrabです。

Grabの他にもUBERや各国独自の配車サービスがありますがこと東南アジアで言えば

Grabはとても使える配車サービスです。

モンスーン
monsoon travel

かくゆう私もインドネシア・シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナムでGrabを使いまくりました。

 

Grabの導入方法

 

 

アプリをダウンロードしよう

とりあえずアプリを導入しないと始まりませんからアプリをダウンロードしましょう。

‎Grab Superapp
‎Grab is Southeast Asia’s leading superapp. We offer essential everyday services to over 670 million people across Singapore, Indonesia, Malaysia, Thailand, Phi...

 

Grab Superapp - Apps on Google Play
Your Everyday Everything App in Southeast Asia.

 

Scan QR Code

電話番号とクレジットカードを登録しよう

電話番号はとりあえず日本の番号でかまいません。現地のSIMを購入して現地の電話番号を登録、あるいはその電話番号に変更したりもできますが、現地の言葉で電話がかかってきても普通は困るだけですので日本の電話番号を一度登録してそのままでいいと思います。

次にクレジットカードの登録ですが、Grabは現金でも支払えますが、慣れない国での現地通貨の使用は単位を間違う場合もあるのでお勧めしません。特にお金のケタが異様に多いベトナムやインドネシアなど。(例えばインドネシアでは約100円支払うのに約Rp13,000必要)

電話番号とクレジットカードを登録したらほぼGrabは使用できます。アプリ使用中はGPSを有効にしておいてください。

GRABの乗り物の種類

Grabの乗り物はタクシーだけではありません。大まかに分けてGrab Taxi, Grab Car,  Grab Bike の3種類です。GrabTaxi,とGrabCarの違いは前者が文字通りタクシー、後者が一般人の自家用車です。Grab Bikeはバイクの後ろに乗り、2人乗りで運んでくれるサービスです。(Grab Bikeは国や地域によりサービスがない場合があります)

Grab Taxi,とGrab Carのどちらが良いか?

Grabは配車時に様々なオプションが選べます。

まずGrab Taxi,とGrab Carどちらがいいかですが、これは完全に好みによります。

経験上Grab Carの方が綺麗な車が多かった気がしますが、少し料金が高い場合があります。

Grab Taxi,とGrab Carのどちらでもいい場合は近いほうが来てくれます。

私はいつも最短で到着するどちらでもいいを選んでいます。

その他乗車する人数が多い場合はより大きな車を選べたり、ベンツなどラグジュアリーな車種も選べます。

出発地と目的地を入力しよう

Grabのアプリを立ち上げると近くにいる車で、あなたが今いる場所までだいたい何分くらいで迎えに来てくれるかのお迎え時間が示されます。

続いて出発地と目的地を入力していきましょう。まず出発地ですが例えば宿泊先のホテルに迎えに来てもらう時、出発地の欄にあなたのホテルの名前が正しく記されているか確認してください。GPSが有効でも微妙にずれて隣のホテル名などになっている場合があるので、その場合は正しいホテル名を入力してあげましょう。入力の途中で周辺ホテルの名称候補が出てくると思うのでホテル名を全て入力する必要なないと思います。

次に目的地ですが、例えば空港の場合は空港名を入れると国際線なのか国内線なのかターミナル1なのかターミナル2なのかを正しく入力しましょう。これも入力の途中で名称候補が出てくると思います。

以上を入力すると各種乗り物を選んだ場合の料金も示されます。

 

いざブッキング

乗り物の種類、出発地、目的地、支払い方法(クレジットカード払いがおすすめ)を入力したらいよいよブッキングです。ブッキングボタンを押すと近くいるドライバーを検索してくれ、見つかると自動でブッキングしてくれます。

ブッキングに成功したらドライバーの顔写真と名前、車の車種、ナンバーがアプリ上に出ますので念のためスクリーンショットを撮っておきましょう。

Grabアプリを使う時のコツ

私がいつもGrabアプリを使う際に気を付けている事は、ドライバーに情報を正確に伝えることです。Grabには客とドライバー間でのメッセージ機能があります。それを使ってホテルの玄関まで迎えに来てほしいときはブッキングと同時にメッセージに『I’m at 〇〇hotel lobby』と送ります。そうするとドライバーは大抵『ok』と送ってくれます。その後は到着までホテルロビーのソファーなどでくつろいで待ちます。このメッセージを送っておくと大抵のドライバーはホテル玄関の車寄せまで来てくれて、到着すると到着したぜメッセージが送られてくるので玄関まで出ていき車のナンバーを確認して合流しましょう。その際『Hi!』だけでもいいので笑顔で挨拶もしましょう。併せて空港に行く場合は、『to 〇〇air port international terminal 1』とでも言えば完璧です。

また荷物をトランクに入れてもらう場合は『Could you open the trunk?』とでも言えば大抵のドライバーは荷物を持ち上げて入れてくれます。車の中に乗ったら運転の荒いドライバーもいるのでシートベルトを締めて、アプリを立ち上げてまま、時々見て道が間違っていないかを確かめましょう。

無事に問題なく目的地に到着したらドライバーにまた『Could you open the trunk?』と言えばトランクを開けて大抵荷物を出してくれるので笑顔でお礼を言ってドライバーとお別れしましょう。

無事に到着・決済されるとGrabからドライバーへの評価を求められるので適切に評価しましょう。あなたもドライバーから評価されるので失礼な行動や言動は慎みましょう。

また外にいて迎えに来てほしいときは目印になる建物前が望ましいです。例えばコンビニのセブンイレブン前ですと『in front of 7-11』とメッセージを送れば大抵わかってくれます。

一人旅で威力を発揮するGrab Bike

Grabの使い方の流れがだいたいつかめたと思いますが、最後に一人旅で威力を発揮するのがGrab bikeです。配車方法などは一緒です。バイクに2人乗りスタイルですので複数人旅行には使いにくいですが、一人旅でかつ近場に移動すると時はなかなかの威力を発揮してくれます。なぜなら東南アジアは渋滞がほんと多いのですが、バイクならスイスイスーです。ただ運転は荒いので貸してくれるヘルメットを必ず着用して自己責任で。料金も格安です。インドネシア・ジャカルタで1~2kmの近場なら50円くらいで行けました。

Grabアプリを使う時の注意点

最後にGrabを使う時の注意点です。

需要と供給で料金が変わる

例えば東南アジア特有のスコールや現地の特定日に重なった時など需要が劇的に増えると料金が跳ね上がります。

使い方をよくわかってないドライバーもたまにいます。

以前タイのバンコクで呼んだドライバーはGPSの使い方がよくわかっていないのか、お迎え地点まで到達できずドライバー側からキャンセルされました。また逆にアプリの機能を逆手にとった悪質なドライバーもいるようです。いずれにせよそんな時も冷静に対処しましょう。Grabにはヘルプ機能があるので大抵の問題は解決します。

モンスーン
monsoon travel

以上駆け足でGrabの使い方を記載しましたが皆さんが便利で安全に旅行先で移動できる事を願っています。

タイトルとURLをコピーしました