スポンサーリンク

ベトジェットエアは並ばなくてすむ優先チェックインがおすすめ!

ベトナム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベトジェットエアは優先チェックイン(Priority checkin)がおすすめ!

モンスーン
monsoon travel

こんにちは弾丸系トラベラーのmonsoon travelです。

激込みのベトナム国内線の救世主!それが優先チェックイン
ベトナムLCCの雄、ベトジェットエアは近年日本便も就航してとても安い航空運賃で魅力的ですが、チェックインカウンターは激混みしがちです。特にベトナム・ホーチミンのタンソンニャット空港とハノイのノイバイ空港から出発するベトナム国内線はそれが顕著です。その激混をストレスなく回避できる方法を今回ご紹介いたします。

ベトジェットエアでは受託手荷物がなく機内持込手荷物のみの場合はウェブチェックインをしてチケットを印刷できておればチェックインカウンターに寄らずに直接出発口まで行けます(ウェブチェックイン対応空港)

しかし受託手荷物がある場合はチェックインカウンターに必ず立ち寄って預けなければなりません。

そのチェックインカウンターがよく激混みで人々の列がハンパなく、空港にギリギリに着いた時などはかなりあせせってしまう事になります。

優先チェックインの権利は単体で購入することが可能(予約後も)

ベトジェットエアにはビジネスクラスにあたるSKY BOSSというのがあり、この運賃で購入すると優先チェックインその他のサービスを受ける事ができ、専用のチェックインカウンターで並ばずにすみますが、その分運賃はかなり高いです。だいたいエコノミー運賃の3倍以上します。これではせっかくLCCで安い値段で買えるのに本末転倒です。

実はこの優先チェックインの権利は予約時か、あるいは予約の後でも「単体」で購入することが可能なのです。

の方法ならウェブチェックインが利用できないベトジェットエアの空港でもスムーズに活用できます。

予約した後からオプションでつける場合は以下の通りです。まずベトジェットエアの公式サイトから言語を日本語に切り替えて、予約情報→予約の管理と進みましょう。すると下記のような画面になるので予約時にメールで送られてきた予約番号などの項目を埋めてクリックします。

ベトジェットエア管理画面

座席の選択や機内食の予約、保険と共に
Priority Checkinとあるのでクリックします。

私たちが乗ったホーチミン→ハノイ間では税金を入れて1人5.5$(約600円)でした。

この値段を安いと見るか高いと見るかは人それぞれだと思いますが、私たちがホーチミンのタンソンニャット空港で見た一般カウンターに並ぶ人の大行列を見た時、買っておいてよかったと思いました。

そして当日は一般カウンターではなくSKY BOSS専用カウンターに寄りましょう。優先チェックインの権利を購入した人はこのSKY BOSS専用カウンターが利用できます。
絨毯が敷かれてたりして、一般カウンターと明確に分けられています。
念の為に優先チェックインの権利を購入した明細書を印刷して持参したほうがベターです。
モンスーン
monsoon travel

当日ホーチミンのタンソンニャット空港のSKY BOSS専用カウンターは誰も並んでおらず、とてもスムーズにチェックインできかなりの時間短縮になりました。

なおこの優先チェックインの権利はあくまでチェックイン時の優先のみの権利であってSKY BOSS購入者についている優先搭乗の権利などはついていませんのでご注意ください。

まとめ

  1. ベトナムの国内線は通常カウンターは混むので事前に優先チェックインの権利を買う
  2. 搭乗券の予約時でも予約後でも可能
  3. 当日は空いているSKY BOSS専用カウンターでチェックイン可能
  4. 優先搭乗権はない
モンスーン
monsoon travel

これからもLCCの予約システムは複雑なので色んな裏ワザを発見次第記事にしていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました