スポンサーリンク

ジョグジャカルタ空港からボロブドゥールへタクシーでの行き方~帰り方

jog5インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョグジャカルタ空港からボロブドゥールへタクシーでの行き方~帰り方

年末年始にジョグジャカルタ空港からボロブドゥール遺跡近くにあるホテルにタクシーで移動したのでその時の情報です。

日本からジョグジャカルタまで

日本からジャカルタまではクアラルンプール経由でマレーシア航空。ジャカルタからジョグジャカルタまではガルーダインドネシア航空を利用しました。ちなみにジャカルタからジョグジャカルタまではプラス5000円ほどでガルーダインドネシアのビジネスクラスに乗れました。短時間ですが。


 

ジョグジャカルタ空港はなかなかのカオス!

飛行機でボロブドゥール遺跡に向かう場合、最寄り空港はジョグジャカルタ空港(正式名はアジスチプト国際空港)になります。

 

ジャカルタのスカルノハッタ空港からは約1時間ほど。ジョグジャカルタ空港からボロブドゥール遺跡近くまでは車で1時間半~2時間くらいかかります。

 

ジョグジャカルタ空港は国内線がターミナルA、国際線がターミナルBとなっていますが、この2つのターミナルは歩道で繋がっていてとても小さな空港です

jog airport

 

空港から市内、またはボロブドゥールへ向かう場合、タクシーのほかにも移動手段はありますが、ここでは一番オーソドックスなタクシー移動を紹介します。

この空港、小さいのでターンターブルで荷物をピックアップした瞬間から、タクシーの呼び込みがすごかったです。なかでもヒジャブを着けたお姉さんは私の荷物に追いすがりながらきたので若干引きました。

そのカオスなタクシー呼び込みゾーンを過ぎると、クーポンタクシーのカウンターが並んでるゾーンに出てきます。試しに空港の端まで歩きましたがかなりの数のカウンターが並んでいます。その間にもタクシーの呼び込みは単発的にきますので無視かつ荷物に注意しましょう。

タクシーはタクシーカウンターでクーポンを購入するがよろし

端っこの方のタクシークーポンカウンター前で思案していると、横から両鼻の穴から鼻毛3本ずつ出したバカボンパパみたいなオヤジが近づいてきて料金を言ってきました。

モンスーン
monsoon travel

顔にアヤシイと書いてありますよ(笑)

オヤジの言い値はRp.450,000 (約3500円)

 

ということは・・・これよりかなり安い料金だという事がわかるのがアジア旅行のコツです。

実際タクシーカウンターのお姉さんにボロブドゥールまでの料金を聞くと料金表を持ってきて

Rp.350,000(約2700円) だと示してきます。

 

ANGCASA TRANS

事前に先人方の情報よりRp.250,000 (約2000円)

程度と聞いていたのでまだ高いと思いましたが、お姉さん曰く、年末年始料金だという事と、

大きめの車をだすからと言うので、渋滞も始まっており早くホテルに移動したかったのでここは妥協しました。

タクシーまでの案内係はまさかのあのバカボンパパ。このパパは平気でふっかけてくるくせに、重い荷物をトランクに持ち上げてくれ道中は混んでるし気をつけてなミスターと言ってきたり、善と悪が共存しているのでしょうか?

ドライバーは口ひげを生やしたなぜかメキシカンに見える渋めのベテランぽいおっちゃんで、ガバチョと名付けました(以下ガバチョ)。

ジョグジャカルタのタクシーは運転もまたカオス

ガバチョが言うには夕方のこの時間帯めちゃ混むけどまかせときなとの事。

実際走り出すとこのガバチョ、歩道も車道も関係無しに走るし、農道的な裏道を突っ走りますが

なぜか恐怖は感じないその運転技術はピカ一でどんどん前の車を颯爽と追い抜いていきます。

おかげでなぜか懐かしい感じがするインドネシアの田園風景や、庶民が住む民家を

近くで見れました。

 

jog2

ちなみにジョグジャカルタでは道端に普通に軍鶏みたいな鶏が走り回っています。

 

ガバチョの華麗なドライビングテクのおかげで渋滞にも関わらず、2時間かからずで無事に本日のお宿チェンパカヴィラに到着してしました。

別れ際、ガバチョから帰りも呼んでくれよなミスターと名刺をもらいました。

モンスーン
monsoon travel

が、非情にも帰りはGRABを呼びました(笑)

ボロブドゥール遺跡周辺のホテルからジョグジャカルタ空港まではGRABがおすすめ

帰りはホテルからジョグジャカルタ空港までGRABを利用しました。
GRABの主な使い方は別記事に記載しております。
東南アジアを旅行するならとりあえずGrabアプリを入れておこう
東南アジアを旅行するならとりあえずGrabアプリを入れておこう

 

インドネシアはGRABの他、GOJEK(ゴジェック)も使えますが、私は他のアジアで使い慣れてるGRABを主に利用しました。宿泊したホテルへも5分ほどでピックアップしに来てくれました。

ほんとは空港からホテルまでも使いたかったのですが空港のあのカオスっぷりを見ると正直おすすめしません。

モンスーン
monsoon travel

東南アジアを旅行するときにはとても便利ですのでGRABは必須と言ってもいいと思います。

なおボロブドゥール遺跡近くのホテルチェンパカヴィラからジョグジャカルタ空港までGrabの料金は約Rp.200,000(約1500円)でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました